ビーフラット・ミュージックを正しく理解して頂く為のぺージです。
  ビーフラット・ミュージックを正しく理解して頂く為のページです。      

▼ ショールーム / 音楽教室
通信販売 | ブラス・インストゥルメンツ | P・Baumann | Jerome Callet | Stork | Warburton | Parke | Zaja | Dillon |改造・製作・加工
唐さんのマウスピース | 金管マウスピース研究室 | 武蔵/正宗 |アクセサリーズ | Used Horns | 楽器の日常のお手入れ

ParkeのTOPへ
Parke Mouthpiece Center
Presents The
Parke Personal Models

最新技術のご紹介

デジタル・スキャニング・テクノロジー

デジタル技術は今まで、ブラス・プレーヤーから仕事を奪うばかりの存在でした。しかし、ついにデジタル技術がブラス・プレーヤーの役に立つ日が来たのです。音楽の再生と同じことで、サンプリング・レートが高いほど、再現の精度も高くなります。Parke Mouthpiece Center では、サンプリング・レートを 1インチ(2.54センチ)あたり 1万ポイントに設定し、マウスピースの輪郭を細部まで正確に再現しています。下の図のとおり、当社では最新の技術を使ってマウスピース表面を何百万箇所も測定し、3次元空間に座標点を打ち、各点をつないでコンピューター・モデルを作成しています。こうして出来上がった「バーチャル・マウスピース」を使えば、きわめて精度の高いレプリカをいくつでも製作できますし、複数のバーチャル・マウスピースのデザインを融合することさえできるのです。

1
スキャニング・
グリッドの設定

2
データ・ポイントの
サンプリング

3
バーチャル・マウスピースの
レンダリング

Precision Finish

精度の高い製造には、精度の高い仕上げが必要です。従来のバフ技術による鏡面仕上げでは、マウスピースにランダムな乱れが生じ、特にリムのバイトとシャンクのテーパーでその影響が大きくなります。  当社では、製造段階の誤差を1億〜4億分の1インチ(0.00000025〜0.00000006ミリに抑えていますが、バフをかけるとその20倍もの乱れが発生してしまうのです。これはこだわりのあるプレーヤーにはよく知られた問題で、同じ感触のマウスピースは二つとないと言われてきました。 ハイテク時代の今日、見た目の綺麗さを求めるあまりに品質の一貫性を捨て去るのは無意味なことです。当社では、トップ・アーティストの協力を得て何度もテストを繰り返した結果、Precision Finish(高精度仕上げ)を開発しました。この技術により、一貫した精度を維持しながら、滑らかで吹き心地の良い表面を提供することが可能になりました。

Copyright B-Flat Music Co., Ltd.  All rights reserved.
The information on this site is for the Japanese domestic market only.