ビーフラット・ミュージックを正しく理解して頂く為のページです。
当ショールームお薦めの楽器の一部をご紹介致します。 当ショールームお薦めのアクセサリーの一部をご紹介致します。 "アップグレード・キャンペーン”にて高額査定し下取りした楽器の一部を、お買い得価格にて放出致します。
当社で取り扱った改造・製作・加工の一部を紹介致します。





                                            
トランペット編  トロンボーン編
 
                                   
監修 有限会社ウインド・スタイ
金管楽器技術担当 杉浦青也

-トランペット編 -
《水洗いをしない場合》
【まずはじめに】

@準備するもの

 キレイなタオル、タッパー、ガーゼ、割りばし、H.W.ブラス=セイバー

【分解】
 @ 
楽器本体から各スライド(抜差し管)、ピストン、第3スライドストップネジなどを外す。
   分解した本体・各スライドなどはキレイなタオルの上に置く。
   小さなパーツ類はタッパーの上に保管するのが便利。

      
 

【洗浄】

 Aリードパイプ(マウスパイプ)を H.W.ブラス=セイバーLead Pipe Pull-thru Brush)を使って、
  抜差し管からレシーバー方向へ抜き取るように管内の汚れを取っていく。


(何度も使っているうちにブラシ部分のカールが伸びてくるが、使用には問題はない。

                


 スライド(抜差し管)内管の外側部分はガーゼを使って汚れを拭き取る。
 内管・外管の内側はガーゼを割りばしに巻きつけ回転させながら挿入し、拭いていく。
 もしくはSlide Pull-Thru Brushで容易に拭き取ることができる。
 外管の内側に限ってはValve Casing and Tubing Brushの細い側で拭き取ることもできる。


 Cピストンケーシング内もスライド内側と同様ガーゼを割りばしに巻いたもの、
  もしくはValve Casing and Tubing Brushの太い側を使って汚れを拭き取っていく。

         

【組立】
 D スライドの内管の全体にスライドグリスを塗り、片方ずつ馴染ませながら外管に抜差しをする。
    グリス内管・外管に馴染んだところで、両方挿入する。

 
 
E    ピストンを組立て、多めにオイルを塗ったうえでケーシングに装着する。

<注意点>
 a)水洗いを伴わない手入れはあくまで関易的なものですので、油分や頑固な汚れは
とることが出来ません。
 b)
ウォーターキィやコルク・バネは外さないようにしましょう
  


《水洗いをする場合》

【まずはじめに】

<準備するもの>
 ガーゼ、割りばし、きれいなタオル数枚(良く水分を吸い込む繊維の柔らかいもの)
 タッパー、 台所用中性洗剤、H.W.ブラス=セイバー




【分解】

@   楽器本体から各スライド(抜差し管)、ピストン、第3スライドストップネジなどを外す。
ピストンのバネやフェルトなどもバラバラにする。
分解した本体・各スライドなどはキレイなタオルの上に置く。
小さなパーツ類はタッパーの上に保管するのが便利。

       



【洗浄】

 
A 大きな容器などに、楽器全体が浸かるくらいまで中性洗剤を混ぜた水、又はぬるま湯を入れる。

 B 
その容器に楽器本体、抜差し管、ピストン(金属部分のみ)を浸けてしばらく置いておく。

             

 C 汚れが浮いてきたところで、スライド内管の外側はガーゼで、管の内部はSlide Pull-Thru Brushで
   よく洗う。Slide Pull-Thru Brushを使用する際は、ブラシのついていないワイヤーの先を管の太い側
   から入れて、細い側から引っ張るようにしなければならない。

              


 D バルブケーシング内部はValve Casing and Tubing Brushの太い側を使って洗浄する。
   ピストンはSlide Pull-Thru Brushのブラシ部分を使ってやさしく洗う。
   この際、穴のエッジを痛めないように細心の注意を払う。


        


 E 全て洗浄し終わったら、洗剤が残らないようにキレイな水かぬるま湯でよく洗い流す。

 F 
洗剤が全て洗い流せたら、キレイなタオルなどで表面の水分を拭き取る。
   管の内側に残った水分は、割りばしにキレイなガーゼを巻きつけたものでよく拭き取る。

         


【組立】

 G 
各スライドの内管の全体にスライドグリスを塗り、片方ずつ馴染ませながら外管に抜差しをする。
   グリスが内管・外管に馴染んだところで、両方挿入する。

 H ピストンを組立て、多めにオイルを塗ったうえでケーシングに装着する。


<注意点>
 a)
洗浄した後は管内などに水分が残っているので、すぐにケースに入れずにしばらく室内で乾燥させること。
 b)
特に頑固な汚れ(管内に付着しているカビなど)は除去することができない場合があるので、
 
年に1度はプロのリペアマンによる洗浄をお勧めします


プロによるトランペット全体洗浄   ¥8,400.(税込)
 
当ショールームへご用命下さい。

 H.W.ブラス=セイバー(トランペット用)

   
¥4,500.(税別)⇒ ¥3,308.(税込)




-トロンボーン編 -

【まずはじめに】

@ 準備するもの
  ガーゼ、クリーニングロッド、割りばし、H.W.ブラス=セイバー(トロンボーン用)




【スライドセクション】

@クリーニングロッドにガーゼを巻きつけ、スライド外管の内側の汚れを拭き取る。
 クリーニングロッドにガーゼを巻きつける際には、あまり緩くならないようにしなければならない。
 (緩すぎると汚れが拭き取れない)


AH.W.ブラス=セイバースライド用(長い方)で外管の内側全てを通す。 その際、必ずブラシのついていない方から管内部にいれ、反対側から引っ張り出す。

B内管内部をH.W.ブラス=セイバースライド用で外管内側と同様に汚れを拭き取る。
          

C 内管の外側はガーゼで汚れを拭き取る。その際管を歪めないように特に気をつける。
  


【ベル・バルブセクション】

D 各抜き差し管を外し、内管外側の汚れを拭き取る。

E 管内部は割りばしにガーゼを巻きつけたもので拭き取ることが出来る部分は拭き取る。




F 曲線部分などはH.W.ブラス=セイバー抜差し管用(短い方)で汚れを拭き取る。




Gロータリーのの内部はガーゼで丁寧に汚れを拭き取る。


【組立】

H 抜差し管の内管の全体にスライドグリスを塗り、片方ずつ馴染ませながら外管に抜差しをする。
  グリスが内管・外管に馴染んだところで、両方挿入する。
  ロータリーの軸・ボールジョイントなどにオイルを注入する。
    



<注意点>
a) ウォーターキィやコルク・バネは外さないようにしましょう。

b) ロータリーバルブやセイヤーバルブ内の洗浄については専門家に依頼することをお勧めします。

c) スライドセクションやテナー・アルトなどのロータリー無しのベルセクションは、
   トランペットと同様にぬるま湯に浸けるなどの方法で洗浄した方が、より効果的に汚れを除去する事が出来ます。
   ロータリー付のベルセクションはぬるま湯には浸けないようにしてください。

d) 洗浄した後は管内などに水分が残っているので、すぐにケースに入れずにしばらく室内で乾燥させること。
特に頑固な汚れ(管内に付着しているカビなど)は除去することが出来ない場合があるので、
年に1度はプロのリペアマンによる洗浄をお勧めします


プロによるトロンボーン全体洗浄
アルト/テナー ¥6,300.(税込)
テナーバス ¥7,350.(税込)
バス ¥9,450.(税込)

当ショールームへご用命下さい。

 H.W.ブラス=セイバー(トロンボーン用)

   
¥4,700.(税別)⇒ ¥3,454.(税込)



Copyright B Flat Music co,ltd,All right reserved
Infomation on this site is for Japanese domestic market only.