ビーフラット・ミュージックを正しく理解して頂く為のぺージです。
当ショールームお薦めの楽器の一部をご紹介致します。 当ショールームお薦めのアクセサリーの一部をご紹介致します。 "アップグレード・キャンペーン”にて高額査定し下取りした楽器の一部を、お買い得価格にて放出致します。 当社で取り扱った改造・製作・加工の一部を紹介致します。


Dillon-Sheridan マウスピース

"Power and Beauty in Sound"

Dillon-Sheridan マウスピース シリーズは、かつてない優れた設計を誇るチューバ マウスピース シリーズです。このシリーズは、Solo シリーズと Orchestral シリーズの 2つで構成されます。シェリダン氏は、米国海兵隊軍楽隊やバトル・クリーク・ブラスバンド、ブラス・アンリミテッドでアンサンブル プレーヤーとして活躍した経験と、世界的に有名なソロイストとしての経験の双方を活かし、斬新な機能と実用性とを兼ね備えたマウスピースを生み出しました。このマウスピースを使えば、あなたも「Power and Beauty in Sound」が手に入ることでしょう。

Solo シリーズ

S1。このマウスピースは主に F 管および E♭管チューバ用です。深く、豊かなサウンドを産むこのマウスピースは、オーケストラでの高音域演奏にも向きますが、特に室内楽やソロに最適です。F/E♭管用に開発されたマウスピースではあるものの、通常サイズの BB♭/CC 管チューバのための学生用マウスピースとしても優れています。Dillon-Sheridan Solo シリーズでは最も大きいマウスピースです。

S2。このマウスピースは、センターのはっきりした贅沢なサウンドを生み、金管アンサンブル、五重奏、ソロ演奏に向いています。カップの形状は S1に似ていますが、カップ内径は S3に準じます。F/E♭管プレーヤーで、パワフルなサウンドが欲しいけれどもあまり大きなマウスピースは使いたくない方に最適です。

S3。このマウスピースは堂々とした美しいサウンドを生み、多くの用途に適しますが、中でもソロ演奏に最適です。ボウル型のカップから生まれるサウンドは、暖かく、しっかりとして、遠くまでよく届きます。柔軟性も抜群です。このマウスピースの音の明るさは、パトリック・シェリダンの最新 CD『Bon-Bons』を聴くとわかります。

S4。このモデルは、カップは S1と同じ形状ですが、カップ内径、ボア、バックボアが狭くなっています。このマウスピースは、室内楽やソロ演奏に適しています。サウンドの特性は S1と同様ですが、やや小振りのサウンドになります。中程度以上の F/E♭管チューバ プレーヤーに最適のマウスピースです。

S5。このモデルは、S4と同じく小さ目のマウスピースですが、カップの形状は S3に近くなっています。室内楽に適しているほか、ソロ演奏で中〜高音域を「歌う」のに最適です。このマウスピースも、中程度以上の F/E♭管チューバ プレーヤーに最適です。

シャンク(Solo シリーズ)

Solo シリーズ マウスピースは、各モデルともスタンダード シャンクと P シャンクの両方をご用意しています。P シャンク(Patrick Sheridan の P)は、スタンダードよりもやや大きく、標準的なレシーバーだとマウスピースが少し手前に出るようになります。このため、音のセンターが安定し(特に高音域)、アーティキュレーションも安定します。プレーヤーの演奏スタイルやレシーバーのサイズはさまざまですが、どちらかのシャンクでほとんど対応できます。なお、レシーバーが非常に大きい場合は、L(ラージ シャンク)を特注でお求めになれます。

Orchestral シリーズ

O1。このマウスピースは CC/BB♭チューバ用に開発されました。非常に大きいマウスピースで、基音がしっかりと響くパワフルで堂々としたサウンドが得られます。漏斗型の深いカップを持ち、スロートとバックボアも大きく、あらゆる大規模アンサンブルに適しています。ダイナミック レンジは驚異的で、音色もクリアです。まさに「Power and Beauty in Sound」を象徴するモデルです。パトリック・シェリダンは、バトル・クリーク・ブラスバンドと、ブラス界に旋風を巻き起こしているブラス・アンリミテッドでこのマウスピースを使用しています。

O2。このモデルは CC/BB♭チューバ専用に開発されたものです。パワフルなマウスピースで、O1と音色の特性は似ていますが、スロートとバックボアはやや小さ目です。このため、サウンドのセンターが明瞭になり、音の輝かしさも向上しています。管弦楽、吹奏楽、ブラス アンサンブルに適しています。

シャンク(Orchestral シリーズ)

Orchestral シリーズ マウスピースは、各モデルともスタンダード シャンクと P シャンクの両方をご用意しています。P シャンク(Patrick Sheridan の P)は、スタンダードよりもやや大きく、標準的なレシーバーだとマウスピースが少し手前に出るようになります。このため、音のセンターが安定し(特に高音域)、アーティキュレーションも安定します。プレーヤーの演奏スタイルやレシーバーのサイズはさまざまですが、どちらかのシャンクでほとんど対応できます。なお、レシーバーが非常に大きい場合は、L(ラージ シャンク)を特注でお求めになれます。


左上 機能的でありながら優美な外形は、プレーヤーの目に喜びをもたらします。
左下 スロート部分は厚めにしてあるので、音が安定し、アーティキュレーションも明瞭で非常に正確です。音の振動とエネルギーを楽器に確実に伝えます。
右上 リムの形状は、優れた吹き心地、すばやいレスポンス、耐久力の向上をもたらし、楽器を吹く楽しさを増します
右下 ユニークな外形は、マウスピースに最適な重量を与え、パワフルで太いサウンドを生み出します。


S1, S2, S3, S4, S5(Soloシリーズ)  各 定価税込25,200円(本体24,000円)
O1, O2(Orchestralシリーズ)  各 定価税込25,200円(本体24,000円)

Copyright B Flat Music co,ltd,All right reserved
Infomation on this site is for Japanese domestic market only.