ビーフラット・ミュージックを正しく理解して頂く為のぺージです。

当ショールームお薦めの楽器の一部をご紹介致します。 当ショールームお薦めのアクセサリーの一部をご紹介致します。 "アップグレード・キャンペーン”にて高額査定し下取りした楽器の一部を、お買い得価格にて放出致します。 当社で取り扱った改造・製作・加工の一部を紹介致します。


HellebergマウスピースGeibマウスピースChiefマウスピースM1C/F1&F2マウスピース


"The Chief" マウスピース

ジョン・クーン
NBC 管弦楽団



「ザ・チーフ」(酋長)という愛称で知られたジョン・クーンは、アメリカ原住民のスー族の出身で、彼らの間では「赤い雲」の名で知られていました。初期のクーンはコンウェー、クリル、スーザの下で演奏し、1920年代にはアイシャム・ジョーンズとともにジャズの世界で活躍しました。シカゴの NBC 管弦楽団に所属していた当時は、ベースと区別できないほどスムーズな彼のサウンドがラジオ聴取者を魅了しました。スーザフォンの技巧的プレーヤーとしても世界的に有名で、ピアニシモの演奏で彼を超えるプレーヤーはその後出現していません。非の打ち所のないテクニックと豊かでスケールの大きいサウンドは、同時代のチューバ プレーヤーの賞賛を集めました。

Dillon Music の Chief シリーズは、クーンのマウスピースの特徴である深いカップを備え、驚くほど美しいサウンドが得られます。エッジは現代風に改良されているので、アンブシュアがしっかりと定まり、吹き心地も優れています。

Chief 1は、カップのデザインがオリジナルと同じで、クーンを有名にしたあのスムーズなサウンドが得られます。

Chief 2は、抵抗をやや増やしてあるので、ダイナミックスの幅が広がり、強弱の変化もスムーズです。

Chief 3は、Chief 2よりも抵抗が少な目ですが、Chief 1よりも低音域でのレスポンスがオープンになっています。

Chief シリーズ マウスピースには、通常モデルのほかに L(ラージ シャンク)、B(ブロンズ)、BL(ブロンズ、ラージ シャンク)をご用意しております。


Copyright B Flat Music co,ltd,All right reserved
Infomation on this site is for Japanese domestic market only.