ビーフラット・ミュージックを正しく理解して頂く為のぺージです。

当ショールームお薦めの楽器の一部をご紹介致します。 当ショールームお薦めのアクセサリーの一部をご紹介致します。 "アップグレード・キャンペーン”にて高額査定し下取りした楽器の一部を、お買い得価格にて放出致します。 当社で取り扱った改造・製作・加工の一部を紹介致します。


HellebergマウスピースGeibマウスピースChiefマウスピースM1C/F1&F2マウスピース

Dillon Music がお送りする現代的なマウスピース シリーズ

M1C、F1、F2マウスピース

Dillon Music では、現代のチューバ プレーヤーのニーズにお応えし、豊かな響きを産むマウスピースを 3種類発売しました。

M1C モデルは、自由な吹奏感、豊かな響き、幅の広いダイナミックスを提供します。

F1モデルは、大き目のリム内径と浅いカップが特徴です。このため、F 管チューバでも、C 管のようなスケールの大きいダークなサウンドが得られます。

F2モデルは F1よりもやや深く、丸みのあるサウンドが得られます。

大地を揺るがす響き

「M1C マウスピースは、Schilke の Helleberg H マウスピースに匹敵する柔軟性とサウンドのまろやかさを備えており、しかも金管セクションの中で 6/4サイズのチューバを吹くのに必要な重量感とパワーもあります。私個人としては、大規模な管弦楽作品で使うマウスピースとして気に入っていますが、カリフォルニア工科大学の地震研究所もきっと気に入ってくれるでしょう」ジーン・ポコーニー(シカゴ交響楽団首席チューバ)

「M1C は、6/4サイズの CC または BB♭チューバに最適のマウスピースです。音域や音量に関係なく、均質で滑らかなサウンドが得られます」デニス・ミラー(モントリオール交響楽団首席チューバ、マクギル大学助教授)

M1C モデルは、B♭管および C 管チューバ用です。F1/F2モデルは、F 管および E♭管用です。

各マウスピースとも、通常モデルのほかに L(ラージ シャンク)、B(ブロンズ)、BL(ブロンズ、ラージ シャンク)をご用意しております。

M1C, M1CL (通常モデル、LはLシャンク)   各 定価税込18,900円(本体18,000円)
M1CB, M1CBL (ブロンズ・モデル、LはLシャンク)  各 定価税込22,050円(本体21,000円)

Copyright B Flat Music co,ltd,All right reserved
Infomation on this site is for Japanese domestic market only.